白い名札を持っている人

社員証が持つ可能性

名刺

社員証を常に身に付けておくことで、自社からの信用性だけでなく取引先である他社からも大きな信用や信頼を得ることができます。最近の社員証は、会社のロゴや印鑑などが入っています。

いろいろなサービス

紙とカード

最近は自分や家族の写真が入った年賀状が人気を博しています。自宅でパソコンを使って作成することも可能ですが、専門の業者に依頼することで、本格的な年賀状を作成することができます。

シートの価格帯

名刺交換

マグネットシートは、小さなサイズのものだと10円〜30円くらいのサイズでオリジナルの印刷を依頼することができます。ただ、看板や車くらいのサイズとなってくると、3,000円〜6,000円くらいまで上がります。

自宅でも作成可能

キーボードとカード

名刺作成というと、会社から配られるもの、もしくは専門の業者で作られるものというイメージがありますが、いくつかのアイテムを揃えることで、自分で簡単に作成することができるようになりました。

ステッカーの作成値段

握手をするビジネスマン

痛車の一番の見どころは、やはり車体に描かれている絵の内容や見た目の美しさです。車体に直接ペイントしてある痛車もあれば、車体にステッカーを貼ってあるケースもあります。

社員証の必要性

カードを持った男性

会社員の場合、その証明として社員証を配布される会社もあります。社員証には氏名と顔写真が表示されているケースがほとんどです。 近年はセキュリティが厳しくなっていますので、間違いなく、会社の社員であるという確認の意味で、出勤の際や、退勤の際に入り口のガードマンさんに社員証を見せて出入りするということも少なくありません。 また、社内においても、開発している新商品の情報漏洩がおこらないよう、社員であっても関係部署以外の社員証では、出入りできない部屋も存在するようになっています。 このようにセキュリティにも利用されている社員証なので、紛失などした場合は、適切に対応しなければなりません。本人でない第三者が悪用しないよう、社員証の無効処理をするなど、スピーディに対応しなければなりません。

出退勤の際に、ガードマンさんに挨拶しながら社員証を見せる場合もありますが、電車の改札口のように社員証をタッチして出入りする場合もあります。これは社員証の中に電子チップが入っており、氏名、部署、セキュリティレベルなどが組み込まれているからです。 部屋の入退室についても同様に、このチップがあるために、入れる部屋と入れない部屋が存在することになります。 また、入退室セキュリティチェックは厳しく、入室、退室がセットでないとエラーとなる仕組みになっており、退室のチェックがないのに再度入室しようとしても入室できないようガードされることになります。 このように、セキュリティの影の主役は、社員証に隠された電子チップになります。